関西将棋辞典

サーレアンドペペ【さーれあんどぺぺ】

関西将棋会館の1階にあるカフェ&ダイニング。

TEL:06-6454-1107

営業 11時30分~14時、17~22時30分

不定休


 

指し掛け【さしかけ】

対局を一時中断すること。二日制のタイトル戦では指し掛け時に封じ手を行う。

 

指し初め式【さしぞめしき】

将棋界の新春恒例の行事。関西では、江戸城御黒書院を模した対局室「御上段の間」で同時に6面を使用し、参加者は数手ずつ指す。決着が着くまでは指さず、指しかけとするのが伝統。

 

(2018年1月の模様)


 

指し分け【さしわけ】

対戦成績が互角のこと。

 

捌きのアーティスト【さばきのあーてぃすと】

久保利明王将の異名。芸術的な捌きをすることから、このように呼ばれる。

久保利明王将


 

捌く【さばく】

働きのにぶい駒を好所に移動させたり、相手の駒と交換して効率化を図ること。